タイでの休日の使い方

タイでは大型連休はソンクラーンというタイの旧正月のみとなっています。
そのため年末年始は日本のように長く休みを取ることはありません。
だいたいの日本人は、そのソンクラーン(旧正月)を利用して日本へ一時帰国します。
ソンクランは別名水掛け祭りと呼ばれていて、ソンクラーンの期間にタイにいれば一度は水をかけられてしまいます。水を掛けられるのが嫌で日本に帰国する人もいるようです。

タイでの休みは、週末にからめた3連休がちらほらあります。
日本には帰ることが出来ないけど、どこかへ旅行に行きたいという人は、近隣諸国への旅行が気軽にできます。
近隣諸国の中ではシンガポールへは少し時間がかかりますが、マレーシアだったら飛行機で数時間かかります。ベトナムになると一時間ちょっとで行けます。
陸路でカンボジアやラオスに行くこともできますが、やはり飛行機で行くのが便利です。
でも、「飛行機だとちょっと高くつくのでは?」と思いますよね。
もちろん三連休ということもあり、陸路よりは高くつくでしょう。
しかし、前もって計画して早めに航空券を取っておけば、往復で1万円くらいで行けてしまいます。
タイ以外の空気を吸いに、ベトナムに雑貨を買いに、日本にいるよりも軽い気分で旅行ができます。
そうして身軽に近隣諸国に出かけた結果、東南アジアはどこもあまり変わり映えしないかな、というのが私の個人的な意見です。
マレーシアはタイより近代的だと思います。ベトナムは道路が意外ときれいで、ベトナムコーヒーがものすごくおいしいです。ラオスはタイよりのんびり時間が流れているように感じます。

生活の中心がタイの私にとっては、日本から旅行に行くよりも、東南アジアの国々とタイとの雰囲気の差を感じないのかもしれません。

もちろん、海外旅行だけではなく、タイ国内に出かけることもあります。
山が見たいと思うならチェンライやチェンマイへ行きます。海に行きたいと思うならプーケットやサムイ島があります。。
安い航空会社を選べば約5000円で行けます。
特にタイではダイビングが安くできるので、こちらに来てからダイビングを始めたという日本人も多いです。

先月の3連休はダイビングをする友達とタオ島に行ってきました。飛行機プラス船3時間ですが、3連休で十分楽しめます。

バンコク近郊だと、タイ人にも人気のカオヤイなどはおすすめですね。
バンコクから車で3時間程度。疲れた心を癒すのにはぴったりの山スポットです。
海ならパタヤかフアヒン、サメット島が手軽に行けます。
賑やかなパタヤと落ち着いたフアヒン、どちらも日本人に人気のエリアです。

タイのバンコクから最も近いビーチリゾート地「サメット島」が綺麗すぎる!

バンコクは平地なので景色が平坦すぎて飽きてしまい、たまには山や海が見たくなります。
そんな時、3連休で行ける場所の選択肢がたくさんあるのは嬉しいです。