タイで仕事をしたいと考えている人へ

タイで仕事をしたいと思う場合、二通りの手段が考えられます。
ひとつめは、今日本で勤めている会社にタイ支社があるならば、異動の希望を出してみるということです。
ふたつめは、直接タイに行って仕事を探す。いわゆる、現地採用というやつです。
実際タイには、現地採用として働いている日本人はたくさんいます。
現地採用として働く方のブログ
もし、ラッキーなことにひとつめの方法が可能で、タイ支社への異動希望が受け入れられ、転勤となれば、仕事に対する不安はそんなに多くないでしょう。
しかし、現地採用を狙ってタイで働こうとする場合は、いろいろな不安があるかと思います。
タイに行って本当に仕事が見つかるのか、生活していけるだけのお給料はもらえるのか、など考えるだけでも不安が一杯だと思います。

タイで仕事を見つけに来る場合、入国は普通の観光ビザになります。
可能であれば、日本のタイ大使館でシングル、ダブル、またはトリプルエントリーというトランジットビザを取得してくると心強いです。
現地にはビザのことを相談できるエージェントがいくつかあるので、現地に来てから相談してみるのもいいでしょう。
ですが、観光ビザだとそう悠長に仕事を探すわけにもいきません。

ではどうやって探すのか。

タイには日系企業がたくさんあります。登録している会社を紹介してくれる人材紹介会社がいくつかあります。
こういった人材紹介会社はインターネットで検索すれば、すぐに見つかります。タイにまでに、前もってウェブサイトを確認しておくとよいでしょう。
また、日本にいても相談が出来る人材紹介会社もあります。そうした会社を使って、渡航したらすぐに面接ができるようにアポイントを取っておいてもいいかもしれません。
35歳以下で大学卒、ビジネスレベルの英語が出来る場合、仕事を見つけるのは、そう難しくはないのではないでしょう。英語に加えてタイ語が出来ればより選択肢が増えるかと思います。
もちろん、そうでなくても仕事はあるかと思いますが、その時の募集案件にもよるでしょう。
日本のように希望する職が見つからないかもしれません。しかし、タイで仕事をしたいというのが一番の目的ならば、希望する職が見つからなくても、そこは割り切るしかないでしょう。
現地のフリーペーパーでも求人が載っていることもありますし、各人材紹介会社にどんな案件があるのかも、いくつか見ることができます。

とにかくまずは人材紹介会社に相談に行きましょう。タイには、いくつかあるのですが、それぞれ取り扱っている案件も違いますので、いろいろ回ってみることをお勧めします。
最後に、人材紹介会社のスタッフに聞いた話になりますが、タイだからというゆるい感覚の人もいるそうです。そんな人はTシャツ、タイパンツ、ビーチサンダルという格好で面接にくるとか。
暑いかとは思いますが、面接にはきちんとした身なりで行くべきですよね。