タイで部屋を借りる

タイで部屋を借りる時の選択肢はふたつあります。
ひとつは、日本でいうアパートを賃貸する。この場合はアパートの事務所に毎月の家賃と水道光熱費を払うことになります。
もうひとつは、コンドミニアムという日本でマンションにあたる部屋を、持ち主から借りることです。
コンドミニアムは部屋ごとにオーナーが違うので、同じ建物であっても家賃が違う場合があります。
同じような間取りでも、家具や電化製品の有無を含めて、オーナーとの交渉で家賃が変動します。

アパートを探そうとする時は、実際に歩いて探すことになります。
事前にインターネットで情報を集めることも出来ますが、空室があるかないかなどは実際にアパートのオフィスへ行ってみないとわかりません。
ウェブサイトにある地図よりも、実際歩くと駅から遠いなんていうのはご愛嬌です。
「駅から何分」という表示は、歩くことのしないタイでは「車で駅から何分」という意味です。
徒歩圏内の場合は「歩いて駅まで行ける」などの別途表記があるはずです。
コンドミニアムを探したい時は、そのコンドミニアムのオフィスでも問い合わせができますが、賃貸物件を紹介するサイトもあります。
そういうサイトで探しておくと、いろいろな部屋が事前に比較出来るので便利です。

アパートでもコンドミニアムでも、部屋を借りる際の重要ポイントは同じです。
まず、雨季に周辺が洪水になるのかどうかを確認します。
大家さんは隠したがるかもしれないので、ご近所さんや周辺のお店に聞くとよいです。これはタイならではの重要ポイントです。
そして、夜にバーやカラオケなどの騒音がしないかを確認します。
毎週末にバンドが入るバーもあれば、イベント時にだけコンサートをやる屋外バーもあります。
周辺にそういう店がなくても、高いところはかなり音が響くものです。
タイでは騒音という概念があまりないように感じます。音量は我慢の域を超えるほどの大音量なので、屋外のコンサートが夜中の2時まで続いたりすることがあると迷惑です。
新年会やお祭りの時だけというならまだ我慢できると思います。しかし、定期的にイベントがあると気が滅入ってしまいます。これは要注意です。

その他、雨漏りはないか、水周りの水漏れはないか、電気はきちんと使えるかなど、細かいことも確認が必要です。
タイのアパートやコンドミニアムは壁が薄い建物があります。隣の部屋の音がどれくらい聞こえるかも確かめておきたいところです。

日本人向けのコンドミニアムは日本と変わらないような家賃のところもありますが、そういった物件は駐在さん向け物件です。
日本では一人暮らしの家賃は給料の3分の1が目安なんていいますが、タイではそれを下回ることができます。
重要ポイントに気をつけていい物件を見つけるには根気が必要ですが、家賃が安いとなれば少しは目を瞑れるかも知れません。

タイでのアルコール事情

タイには仏教関係の祝日がいくつかあります。

タイ王国の休日(Wikipedia)

その日は禁酒日であり、スーパーでお酒を買うこともレストランで飲むことも出来ません。
お店によっては禁酒日は営業をしないところがあります。
選挙の日や選挙前日も同じく禁酒日になっています。
そのことをすっかり忘れていて、せっかくのお休みなのにお酒が飲めなくてがっくりすることがあります。
祝日に外食をする時は、何の日なのかを調べてから出かけます。
販売が出来ないというだけで、部屋で飲むのは禁止されていません。
禁酒日だけどお酒が飲みたい人は、前日までに冷蔵庫にお酒を蓄えておくことがいいです。

禁酒日は丸一日アルコール販売禁止ですが、タイには毎日のなかでお酒が買えない時間帯というのがあります。
お酒が買える時間帯は、毎日午前11時から午後2時のお昼の時間帯と、午後5時から午前0時までの夜の時間帯です。
ランチの時間帯にお酒が買えるのは何ででしょうか。ランチを外食する人への配慮なのかと思います。
ちなみに、そろそろ買える時間だから大丈夫だろうとスーパーのレジへ持っていっても、レジの時計が販売可能時間にならないと買えません。
アルコール販売については、他のことにはゆるいタイでも結構厳しいです。
このことはタイの決まりごとですし、郷に入れば郷に従えだと考えています。
お酒が買えなくてがっかりすることがあっても、文句を言うほどではありません。

ですが、一度だけ納得できずに頭にきたことがあります。
その日私は朝早くから、スーパーに買い物に行きました。
そのスーパーは日本の調味料も置いてあるので、とても便利なスーパーです。
レジで会計をしようとすると、なんと、「みりんは販売できない」と言われました。
「これは料理用の調味料で、飲むものではないんですよ」と説明をしても、販売できないの一点張りです。
仕方がないのでみりんは諦めましたが、みりんもアルコールにカウントされると気づかされたいい経験です。

タイ人の中には、7月のカオパンサーと呼ばれる日から10月のオークパンサーという日までの三ヶ月という期間、お酒を飲まないという人もたまにいます。
一緒に食事に行っても、無理に勧めないようにしましょう。
仏教が生活に根付いているタイならではのことです。

それ以外では、タイ人はお酒を楽しく飲むのが好きだと感じます。
乾季になればビアガーデンが設置され、適度に涼しくなった屋外でビールを楽しむことが出来ます。
なぜ乾季にビアガーデンなの?とタイ人に聞いたことがあります。
雨が降らないのもそうだけど「涼しくなるからビールを飲んで体を温めるんだよ」との返事が返ってきます。
ところ変わればお酒の事情も変わるんですね。