タイでの移動手段とオススメのアプリ

タイは暑い、とにかく暑い。
晴れた日の昼間など、外に出るのも嫌なくらい。一番暑い時期になると、昼間は家ですごし夕方から出かけるというタイ人も多いです。
そんな暑いタイだからなのか、タイ人は歩くことがあまり好きではありません。
そこで、バイクタクシーや手頃な価格のタクシーが大活躍しています。

バイクタクシーは大通りは走りません。ソイといわれる小路の入り口に待機しています。
人の利用が多いソイには必ずバイクタクシーがいます。オレンジや緑のベストを着た人のバイクがバイクタクシーです。
このベストはバイクタクシー運転手の登録証と言ってもいいです。タイ語で担当エリアと名前、番号が入っています。
このオレンジのベストがタイらしくお土産にしたいという人に朗報です。
オリジナルデザインでベストを作ることができます。
私の友人は、誕生日プレゼントにこのオレンジのベストをプレゼントされていました。
もちろん番号は年齢、タイ語の名前入りです。
プラカノンというスカイトレインの駅周辺で作ったそうです。
そういえば通り沿いにそんなお店があります。

バイクタクシーは近い距離を行くのに最適です。
渋滞も関係ないので便利といえば便利です。
ですが事故が多いのも事実です。
車の間をすいすい抜けるので追突事故や出合いがしらの衝突などがあります。
また、夜は暗いのでソイでの利用は避けたほうがいいかと思います。

一方、タイのタクシーはお値段が安いので、渋滞にはまらないようなとこに行くのには便利です。
何人かでの移動なら、電車を利用するよりも安く移動できることもあります。
流しのタクシーを捕まえるわけですが、タイではトラブルが多いのも有名です。
メーターを使用しないでぼったくろうとしたり、異常な速さでメーターの金額が上がったり、こんなことはよく聞きます。
そういったトラブルを避けるために、Grab Taxiというアプリでタクシーを捕まえる人もいます。
しかし、このアプリで捕まえられるタクシーは普通に走っているピンクや黄色のタクシーなので、運転の荒さが気になる私としてはあまり使いたいとは思いません。
私がよく使うのは、UberとAll Thai Taxiです。
Uberのサービスは日本でもありますよね。Uberで呼んだ車で運転が荒かったことは、今の所一度もありません。
All Thai Taxiは、よりよいタクシーサービスを提供したいという理念のもとタイで生まれたタクシー会社です。
絶対に乗車拒否はしない上、全車プリウスなので乗り心地もよいです。そして運転も対応も丁寧です。

タイのタクシー事情|taxisite

この2つのタクシーサービスが始まってからは、夜中に一人でタクシーを利用することも怖くなくなりました。
便利で低価格なタクシーが安全に乗れるなんて嬉しいことです。