タイで仕事を見つけるときの注意点

もし、タイで現地採用の仕事を探すには、タイに来なくてはなりません。
タイ入国後、人材紹介会社に登録して、いよいよ就職活動がスタートします。
ですがいくら人材紹介会社が自分の代わりとなって、自分にあった仕事を探し仕事を紹介してくれるとはいっても、渡航前にはいろいろ心配になりますよね。
タイには、一体どんな仕事があるんだろうか、ちゃんと生活できるくらいの給料はもらえるんだろうか、などなど。
そのような不安を消すために、事前の情報収集は大切です。

タイ求人サイト!

タイにいくつかある人材紹介会社のウェブサイトでは、どのような求人があるのか、案件をいくつか見ることができます。
給料や勤務場所も確認できるので、渡航前に見てみるといいでしょう。
私が実際に就職活動したときの経験から感じたのは、全体的に、営業や工場での技術職、マネージメントが多いように思います。
計画的に就職活動を行うのならば、渡航前に前もって人材派遣会社に連絡するのもひとつの手です。

さて気になる給与のことですが、タイにおける日本人の最低賃金は5万バーツと決まっています。
そうは決まってはいるものの、それ以下の仕事の求人がちらほらあるのも事実。
ですが人材紹介会社を通していれば、5万バーツを大幅に下回るような給料の仕事はあまりないかと思います。

給料ももちろん大事ですが、タイで就職活動をするにあたり絶対に確認しなくてはならないことがあります。
それは、就労ビザと労働許可証です。それを支給してくれるのかどうかということを確認しないといけません。
理由は、この2つがないのにタイで労働をして収入を得るということは法律違反にあたります。
人材紹介会社の紹介であればビザや労働許可証が支給されないということは滅多にないかとは思います。しかし、これはタイで仕事を探す際に最も重要な点なので覚えておくと良いです。
就労ビザが取れれば、気持ちの落ち着かない観光ビザともおさらば。堂々とタイで働くことが出来ます。

ビザと労働許可がちゃんとあっても、給料5万バーツ(約15.4万円)ってちょっと少ないんじゃないかと思う人もいるでしょう。
最低賃金は5万バーツですが、実際はそこから税金を引かれたりするので手取りは4万バーツくらいになるかも知れません。
日本円で考えると、少なく感じる給料でしょうが、タイでは十分に生活していけます。
5万バーツのお給料なら、少しの贅沢もできます。

きちんとした企業であれば、ビザも労働許可も給料もしっかりとしているはずです。
人材紹介会社を通す場合は、ビザや労働許可について、そんなに心配することはないかとは思います。しかし、念のために聞いておきたい点です。
観光ビザでこそこそ働くより、やはり法律は守って仕事をしたいですよね。就職活動をする際はこの点を頭に入れて、仕事を探すといいでしょう。

タイで仕事をしたいと考えている人へ

タイで仕事をしたいと思う場合、二通りの手段が考えられます。
ひとつめは、今日本で勤めている会社にタイ支社があるならば、異動の希望を出してみるということです。
ふたつめは、直接タイに行って仕事を探す。いわゆる、現地採用というやつです。
実際タイには、現地採用として働いている日本人はたくさんいます。
現地採用として働く方のブログ
もし、ラッキーなことにひとつめの方法が可能で、タイ支社への異動希望が受け入れられ、転勤となれば、仕事に対する不安はそんなに多くないでしょう。
しかし、現地採用を狙ってタイで働こうとする場合は、いろいろな不安があるかと思います。
タイに行って本当に仕事が見つかるのか、生活していけるだけのお給料はもらえるのか、など考えるだけでも不安が一杯だと思います。

タイで仕事を見つけに来る場合、入国は普通の観光ビザになります。
可能であれば、日本のタイ大使館でシングル、ダブル、またはトリプルエントリーというトランジットビザを取得してくると心強いです。
現地にはビザのことを相談できるエージェントがいくつかあるので、現地に来てから相談してみるのもいいでしょう。
ですが、観光ビザだとそう悠長に仕事を探すわけにもいきません。

ではどうやって探すのか。

タイには日系企業がたくさんあります。登録している会社を紹介してくれる人材紹介会社がいくつかあります。
こういった人材紹介会社はインターネットで検索すれば、すぐに見つかります。タイにまでに、前もってウェブサイトを確認しておくとよいでしょう。
また、日本にいても相談が出来る人材紹介会社もあります。そうした会社を使って、渡航したらすぐに面接ができるようにアポイントを取っておいてもいいかもしれません。
35歳以下で大学卒、ビジネスレベルの英語が出来る場合、仕事を見つけるのは、そう難しくはないのではないでしょう。英語に加えてタイ語が出来ればより選択肢が増えるかと思います。
もちろん、そうでなくても仕事はあるかと思いますが、その時の募集案件にもよるでしょう。
日本のように希望する職が見つからないかもしれません。しかし、タイで仕事をしたいというのが一番の目的ならば、希望する職が見つからなくても、そこは割り切るしかないでしょう。
現地のフリーペーパーでも求人が載っていることもありますし、各人材紹介会社にどんな案件があるのかも、いくつか見ることができます。

とにかくまずは人材紹介会社に相談に行きましょう。タイには、いくつかあるのですが、それぞれ取り扱っている案件も違いますので、いろいろ回ってみることをお勧めします。
最後に、人材紹介会社のスタッフに聞いた話になりますが、タイだからというゆるい感覚の人もいるそうです。そんな人はTシャツ、タイパンツ、ビーチサンダルという格好で面接にくるとか。
暑いかとは思いますが、面接にはきちんとした身なりで行くべきですよね。